「酒肴日和」池波正太郎著 高丘卓編

公開日:  更新日:

 株屋の店員だったある早春、主人の吉野さんが連れていってくれた料亭で出た「白魚の椀盛り」。春になると、あの細くて小さくて美しいかれんな白魚に「あ、ごめんよ、ごめん」と謝りながら箸をとった主人の顔や姿が、思い浮かぶと追想。また、ある日の夕食にハマグリを入れ湯豆腐を食べたと記しながら、湯豆腐には薄く切った大根を入れると、豆腐が白くふっくら、おいしく煮えると、うんちくをさらり。その他、母が作る「ライスカレー」の思い出から、フランス料理界の大御所トロワグロ兄弟の店で食べたフルコースまで。

 食道楽で知られる文豪が自筆のイラストを添えて日々の食卓と食にまつわるエピソードをつづったエッセー。(徳間書店 920円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る