「酒肴日和」池波正太郎著 高丘卓編

公開日: 更新日:

 株屋の店員だったある早春、主人の吉野さんが連れていってくれた料亭で出た「白魚の椀盛り」。春になると、あの細くて小さくて美しいかれんな白魚に「あ、ごめんよ、ごめん」と謝りながら箸をとった主人の顔や姿が、思い浮かぶと追想。また、ある日の夕食にハマグリを入れ湯豆腐を食べたと記しながら、湯豆腐には薄く切った大根を入れると、豆腐が白くふっくら、おいしく煮えると、うんちくをさらり。その他、母が作る「ライスカレー」の思い出から、フランス料理界の大御所トロワグロ兄弟の店で食べたフルコースまで。

 食道楽で知られる文豪が自筆のイラストを添えて日々の食卓と食にまつわるエピソードをつづったエッセー。(徳間書店 920円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    <35>納得いく表現のために猫を…漫画家・平田弘史の狂気

もっと見る

人気キーワード