• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「酒肴日和」池波正太郎著 高丘卓編

 株屋の店員だったある早春、主人の吉野さんが連れていってくれた料亭で出た「白魚の椀盛り」。春になると、あの細くて小さくて美しいかれんな白魚に「あ、ごめんよ、ごめん」と謝りながら箸をとった主人の顔や姿が、思い浮かぶと追想。また、ある日の夕食にハマグリを入れ湯豆腐を食べたと記しながら、湯豆腐には薄く切った大根を入れると、豆腐が白くふっくら、おいしく煮えると、うんちくをさらり。その他、母が作る「ライスカレー」の思い出から、フランス料理界の大御所トロワグロ兄弟の店で食べたフルコースまで。

 食道楽で知られる文豪が自筆のイラストを添えて日々の食卓と食にまつわるエピソードをつづったエッセー。(徳間書店 920円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る