著名人の具体例で解き明かすきょうだい不仲の原因

公開日:  更新日:

 きょうだいとは、誰よりも近く、親しく、同じ境遇を分かち合って育つもの。しかし時には、競争相手となり、比較対象となり、無自覚のコンプレックスが中高年になってから顕在化することもある。

 岡田尊司著「きょうだいコンプレックス」(幻冬舎 840円+税)では、著名人のきょうだいの例を交えながら、精神科医である著者がきょうだいコンプレックスの問題について斬り込んでいく。

 きょうだい間の問題はさまざまな状況で生まれるが、もっとも大きな要因をつくるのが親という存在だ。

 先ごろ、某大手家具店のお家騒動がマスコミを賑わせたが、そこにはきょうだいコンプレックスも見え隠れした。父親側には長男が付いた一方、長女には残りの他のきょうだいが付いた。これは、父の考えを従順に受け入れることで可愛がられてきた長男に対する反発が、他のきょうだいの間で共有されていたためと考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る