「すぐそばにある『貧困』」大西連著

公開日:  更新日:

 貧困問題を自分とは関係のない遠い世界として捉える人が多いが、実は日本人の6人に1人が相対的貧困状態にあるという。先進国の豊かな国というイメージの裏で、社会保障制度の予算は次々削減され、個人の負担は大きくなる一方だ。病気や失職、DVや離婚などをきっかけに、普通の生活を送っていた人が困窮に陥ることは決して珍しくない。

 本書は、20代にして生活困窮者の相談支援活動に携わる「NPO法人もやい」の理事長になった青年が出会った、現代日本の貧困の現場をまとめたリポート本だ。

 終電を逃した渋谷でのホームレスとの初めての出会い、友人に誘われなんとなく手伝った炊き出しの現場、路上生活者への声掛け体験、生活保護申請の同行、年末年始の越年越冬等、おそるおそる支援の現場に足を踏み入れた著者の足跡が語られていく。貧困について何も知らなかった若者が路上で体験した生身のやりとりが、今の日本の現状をリアルに映し出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る