「虚人の星」島田雅彦著

公開日:  更新日:

 子どもの頃、父親に寿司屋に置き去りにされ、そのまま父親が失踪するというトラウマを持つ星新一。成長するにつれて本来の自分とは違う7つの別人格が次々と現れ、交代で意識を乗っ取られるようになる。父親の友人だった精神科医・宋猛の助言のもと、別人格をなんとか乗りこなし外務省の役人となったが、宋から思いがけない提案を受けた。

 一方、自由国民党の3代目世襲議員の松平定男は、北条総理の後ろ盾で44歳にして首相となる。当初、上杉官房長官のお膳立て通りに仕事をこなしていた松平だったが、米国大統領との非公式ディナーの折に内なる声に導かれて大演説を披露する。それはまるで、松平の意思とは別人の霊が天から舞い降りたかのようだった……。

 日本の命運を握る世襲総理とトラウマを背負った多重人格の男との数奇な交錯を描いた風刺たっぷりの野心作。国家の操縦桿を握る総理大臣の深層心理に踏み込んでいくスリリングな展開で一気に読ませる。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る