「コーランには本当は何が書かれていたか?」カーラ・パワー著 秋山淑子訳

公開日:  更新日:

 子どもの頃、大学教授の父親に連れられ多くのイスラム圏に居住した経験を持つ著者は、9・11以降、イスラム過激派の言葉ばかりを流し、コーランを知ろうともしないマスメディアの風潮に疑問を覚える。そこでイスラム教の指導者である友人とともに、コーランを読み解く試みを始めた。1年の歳月をかけた対話の中で見つけたのは、女性差別やジハードとは全く異なるイスラム教の姿だった。

 本書は、無宗教者で、フェミニズムにも関心の高い著者が、厳格なコーラン解釈者の友人と時には衝突し、時には意気投合しながらイスラム教の源泉を探る刺激的な一冊。難解さゆえにイスラム教徒にすら深く読まれることが少なく、その代用としてイスラム教とは無関係な地域の慣行がイスラム教そのものと誤解されている現状を詳細に描いている。史上初めて女性に相続を認め、他宗教を尊重する寛容さを持つことなど、従来のイメージをくつがえすコーランの世界を見せてくれる。(文藝春秋 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る