「終わった人」内館牧子著

公開日: 更新日:

 主人公は、63歳で定年を迎え第二の人生がスタートしたばかりの田代壮介。岩手の名門高校から東大法学部に進み国内トップのメガバンクに就職した田代は、最年少の支店長、43歳で業務開発部長と、とんとん拍子で昇進する。しかし、49歳で突然子会社へ出向を命じられ、戻るつもりで必死に働いたが、結局転籍となって社員30人の子会社の専務取締役でサラリーマン人生の幕が閉じた。

 自分を「終わった人」、定年を「生前葬」と自嘲しつつ、スポーツクラブ、カルチャーセンターと居場所を探してさまよい、職探しをしても体よく断られる始末。そんな逡巡を繰り返していたとき、思ってもみなかった話が舞い込んでくる。果たして田代の選択は……。

 サラリーマンならいつかは必ずやってくる定年をテーマに、会社人間だった男が新しい生き方を求めて試行錯誤する様子を描いた長編小説。著者初めての新聞連載小説でもあり、掲載時から定年後の男心の心憎い描写が話題を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る