「終わった人」内館牧子著

公開日: 更新日:

 主人公は、63歳で定年を迎え第二の人生がスタートしたばかりの田代壮介。岩手の名門高校から東大法学部に進み国内トップのメガバンクに就職した田代は、最年少の支店長、43歳で業務開発部長と、とんとん拍子で昇進する。しかし、49歳で突然子会社へ出向を命じられ、戻るつもりで必死に働いたが、結局転籍となって社員30人の子会社の専務取締役でサラリーマン人生の幕が閉じた。

 自分を「終わった人」、定年を「生前葬」と自嘲しつつ、スポーツクラブ、カルチャーセンターと居場所を探してさまよい、職探しをしても体よく断られる始末。そんな逡巡を繰り返していたとき、思ってもみなかった話が舞い込んでくる。果たして田代の選択は……。

 サラリーマンならいつかは必ずやってくる定年をテーマに、会社人間だった男が新しい生き方を求めて試行錯誤する様子を描いた長編小説。著者初めての新聞連載小説でもあり、掲載時から定年後の男心の心憎い描写が話題を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る