「『いじめ』をめぐる物語」荻原浩・小田雅久仁・越谷オサム・辻村深月・中島さなえ著

公開日:  更新日:

 学校や職場やネット環境の中など、社会全体に蔓延する「いじめ」。閉じられた世界の中で、被害者になるか、加害者になるか、目撃者という名の残酷な容認者になるかの三択になってしまい、現在進行形で苦しんでいる人も少なくない。本書は、そんな「いじめ」をテーマに5人の作家が書いた短編を収めた競作アンソロジーだ。

 収録されているのは、女性教師がクラス内のいじめ問題を解決しようと行動を起こす荻原浩の「サークルゲーム」、いじめを苦に自殺した友人を助けられなかった思いを抱える男を描いた小田雅久仁の「明滅」、いじめに苦しむ少年の前に現れた悪魔が見せる光景を描いた越谷オサムの「20センチ先には」、小学生時代に微妙な関係だった2人が大人になって再会する辻村深月の「早穂とゆかり」、歌劇団トップを目指す2人の女性の愛憎関係を描いた中島さなえの「メントール」の5編。いじめについて、さまざまな場面や立場から考える機会を与えてくれる。(朝日新聞出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る