• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「蜘蛛と蝶」大石圭著

 実家住まいの歯科衛生士・多岐川瑠璃子は33歳。妹の亜紀菜が夫と別れて子連れで実家に戻ってきたのをきっかけに、そろそろ家を出なければと思い始める。母親からは結婚をせかされ、職場仲間の美和はインターネットで知り合ったサラリーマンと結婚することになっており、職場でも独身なのは瑠璃子だけになってしまう。今まで恋愛に積極的ではなかった瑠璃子は職場と家を往復するだけで、しばらく誰とも付き合っていなかったが、思い立って出会い系サイトにアクセスし、そこで気になった7歳年下の男に恐る恐るメッセージを送る。何度かのやりとりの末、ついに付き合うようになるのだが……。

「履き忘れたもう片方の靴」で第30回文藝賞佳作を受賞してデビューして以来、ホラーから官能まで幅広いジャンルで活躍する著者の最新作。恋に臆病な年上独身女性側の視点と、その相手となる年下の若い男の事情や葛藤を描きながら、思いがけない結末まで一気に読ませる。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る