• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「蜘蛛と蝶」大石圭著

 実家住まいの歯科衛生士・多岐川瑠璃子は33歳。妹の亜紀菜が夫と別れて子連れで実家に戻ってきたのをきっかけに、そろそろ家を出なければと思い始める。母親からは結婚をせかされ、職場仲間の美和はインターネットで知り合ったサラリーマンと結婚することになっており、職場でも独身なのは瑠璃子だけになってしまう。今まで恋愛に積極的ではなかった瑠璃子は職場と家を往復するだけで、しばらく誰とも付き合っていなかったが、思い立って出会い系サイトにアクセスし、そこで気になった7歳年下の男に恐る恐るメッセージを送る。何度かのやりとりの末、ついに付き合うようになるのだが……。

「履き忘れたもう片方の靴」で第30回文藝賞佳作を受賞してデビューして以来、ホラーから官能まで幅広いジャンルで活躍する著者の最新作。恋に臆病な年上独身女性側の視点と、その相手となる年下の若い男の事情や葛藤を描きながら、思いがけない結末まで一気に読ませる。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る