「日本クラゲ大図鑑」峯水亮ほか著

公開日:  更新日:

 近年、大量発生が社会問題化する一方で、水族館では人気の的のクラゲ。南北に長い日本の海には、その多様な環境ゆえに多くの種類のクラゲが生息している。

 本書は、水中写真家の峯水氏が18年もの歳月をかけて撮影した写真と第一線の研究者の解説で、日本近海にすむクラゲたちを紹介する豪華図鑑だ。

 クラゲと聞くと、お椀を伏せたような形の半透明で軟らかな体とその周縁から伸びた触手、そして下面中央から垂れ下がったリボン状の口腕でふわふわと海中を漂う姿が思い浮かぶ。

 だが、ページを開いてまず目にするのは、海藻に付着していることが多く、まるでその海藻から咲いた黄色い花のように見える「ウチダシャンデリアクラゲ」や、その名前通りに端正な十字形でとても生き物には見えない「ジュウモンジクラゲ」などの「十文字クラゲ目」に属するクラゲたちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る