「日本クラゲ大図鑑」峯水亮ほか著

公開日:  更新日:

 近年、大量発生が社会問題化する一方で、水族館では人気の的のクラゲ。南北に長い日本の海には、その多様な環境ゆえに多くの種類のクラゲが生息している。

 本書は、水中写真家の峯水氏が18年もの歳月をかけて撮影した写真と第一線の研究者の解説で、日本近海にすむクラゲたちを紹介する豪華図鑑だ。

 クラゲと聞くと、お椀を伏せたような形の半透明で軟らかな体とその周縁から伸びた触手、そして下面中央から垂れ下がったリボン状の口腕でふわふわと海中を漂う姿が思い浮かぶ。

 だが、ページを開いてまず目にするのは、海藻に付着していることが多く、まるでその海藻から咲いた黄色い花のように見える「ウチダシャンデリアクラゲ」や、その名前通りに端正な十字形でとても生き物には見えない「ジュウモンジクラゲ」などの「十文字クラゲ目」に属するクラゲたちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る