「世界の刀剣歴史図鑑」ハービー・J・S・ウィザーズ著 井上廣美訳

公開日:  更新日:

 石器時代から第2次世界大戦に至るまでの長大な刀剣の歴史を概観する豪華図鑑。人類の発展に伴走しながら進化を遂げてきたその経過を解説するとともに、800点以上もの美しい写真で世界各国の宝刀を紹介する。

 刃を備えた道具が現れたのは、約250万年も前のはるか昔。石器時代の人々がフリント(燧石)と黒曜石で作ったシンプルな狩りの道具が始まりだ。しかし、近隣部族との紛争が起きると狩猟用の道具は、すぐに戦闘用の武器へと転用されるようになる。

 青銅器時代(紀元前3500~700年ごろ)に金属鉱石を精製・溶解・鋳造する技術が生まれると、中東の古代文明が青銅(銅合金)を組み合わせて、やり、ダガー(短剣)、刀剣、おのを作り始め、さらにもっと丈夫な鉄製の剣身がある刀剣が製作されるようになった。こうした技術が世界中に伝播し、各地域で独自の発展を遂げていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る