「自然と営み」日本風景写真協会著

公開日: 更新日:

「歴史の街並」や「山村」など、さまざまなテーマで「遺したい日本の風景」を紹介してきたシリーズの完結編(全10巻)。掉尾を飾る本書では、人々の暮らしと美しい自然が融合した風景にレンズを向ける。

 例えば北海道の美瑛町の秋。広大な畑に刈り取った豆を天日干しするために積み上げた「ニオ」が規則正しく並んでいる。

 ニオのてっぺんにちょこんと雨よけのカラフルなシートがかぶせられたその景色は、ユーモラスでもあり、現代アートのようでもある。

 一転、岩手県遠野市の雪景色の中で、寒さに耐えるように南部藩特有の「曲がり家」がたたずむ作品からは、吹きすさぶ冷たい風の音が聞こえてくるようだ。

 他にも、日本のマチュピチュとも呼ばれる兵庫県朝来市の「竹田城跡」や岡山県高梁市の「備中松山城」など雲海に浮かぶ山城や、奈良県上北山村の奥深い山谷に描かれたループ橋の美しい曲線、そして熊本県阿蘇北外輪山の「天空の道」など、自然と建築物や構造物が一枚の写真の中で競演する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード