「自然と営み」日本風景写真協会著

公開日:  更新日:

「歴史の街並」や「山村」など、さまざまなテーマで「遺したい日本の風景」を紹介してきたシリーズの完結編(全10巻)。掉尾を飾る本書では、人々の暮らしと美しい自然が融合した風景にレンズを向ける。

 例えば北海道の美瑛町の秋。広大な畑に刈り取った豆を天日干しするために積み上げた「ニオ」が規則正しく並んでいる。

 ニオのてっぺんにちょこんと雨よけのカラフルなシートがかぶせられたその景色は、ユーモラスでもあり、現代アートのようでもある。

 一転、岩手県遠野市の雪景色の中で、寒さに耐えるように南部藩特有の「曲がり家」がたたずむ作品からは、吹きすさぶ冷たい風の音が聞こえてくるようだ。

 他にも、日本のマチュピチュとも呼ばれる兵庫県朝来市の「竹田城跡」や岡山県高梁市の「備中松山城」など雲海に浮かぶ山城や、奈良県上北山村の奥深い山谷に描かれたループ橋の美しい曲線、そして熊本県阿蘇北外輪山の「天空の道」など、自然と建築物や構造物が一枚の写真の中で競演する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る