「くらべてわかる きのこ」大作晃一写真 吹春俊光監修

公開日:  更新日:

 森の中で出合うきのこは、アウトドアが好きな人にとっての永遠のテーマではなかろうか。食用に限りなく似ていたり、食べてくださいと言わんばかりに姿かたちでアピールされたり。しかし、万が一を考えては伸ばした手を引っ込めることの繰り返し。そして、誰もがきのこの達人になりたいと密かに野望を抱きながら、こんな悩みに答えてくれる分かりやすい図鑑があったならと思っているはずだ。

 そんな人たちの山歩き、里山歩きのお供にぴったりなのが、日本でよく目にする主なきのこ約440種類を似た種類ごとに原寸大カラー写真で紹介する本書だ。

 きのこに興味はなくとも「ベニテングタケ」があの愛くるしい容姿と裏腹に食べてはいけないことはよく知られている。しかし、同じテングタケ科の「タマゴタケ」は食べることができる。

 シルエットは似ているが、傘のいぼや、前者は傘裏のひだや柄が白いのに対し、後者は黄色を帯びていることなど、微妙な違いがあり、本書を手に見比べればそう間違えることもなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る