「くらべてわかる きのこ」大作晃一写真 吹春俊光監修

公開日:  更新日:

 森の中で出合うきのこは、アウトドアが好きな人にとっての永遠のテーマではなかろうか。食用に限りなく似ていたり、食べてくださいと言わんばかりに姿かたちでアピールされたり。しかし、万が一を考えては伸ばした手を引っ込めることの繰り返し。そして、誰もがきのこの達人になりたいと密かに野望を抱きながら、こんな悩みに答えてくれる分かりやすい図鑑があったならと思っているはずだ。

 そんな人たちの山歩き、里山歩きのお供にぴったりなのが、日本でよく目にする主なきのこ約440種類を似た種類ごとに原寸大カラー写真で紹介する本書だ。

 きのこに興味はなくとも「ベニテングタケ」があの愛くるしい容姿と裏腹に食べてはいけないことはよく知られている。しかし、同じテングタケ科の「タマゴタケ」は食べることができる。

 シルエットは似ているが、傘のいぼや、前者は傘裏のひだや柄が白いのに対し、後者は黄色を帯びていることなど、微妙な違いがあり、本書を手に見比べればそう間違えることもなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る