寛政元年創業の老舗や怪しい店など全国155軒の古本屋ガイド

公開日:  更新日:

 小山力也著「古本屋ツアー・イン・ジャパン それから」(原書房 2400円+税)は、古本屋好きの間では広く知られているブログの書籍化第2弾。全国2000軒以上の古本屋を巡った著者が、えりすぐりの155軒を紹介している。

 石川県・金沢駅のほど近くにある「近八書房」の屋根の上に飾られた木製看板には、“創業寛政元年”の文字がある。江戸幕府でいえば、11代将軍家斉の時代から続く古本屋なのだ。店内には文学評論から歴史、日本文学、伝統芸能などさまざまなジャンルの古本が揃う。そして足元の棚には、昭和45年から発行されていた生活美術雑誌「銀花」や、昭和31年の発行以来国文学分野における最も権威ある論文誌とされていた「國文學」なども並ぶ。風情ある店構えを残す古都金沢の古本屋で、時間を忘れて古本探しをしてみるのもいい。

“世界一の古本の町”と呼ばれる神保町を有する東京だが、中にはもはや古本屋かどうかも分からない怪しい店もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る