寛政元年創業の老舗や怪しい店など全国155軒の古本屋ガイド

公開日: 更新日:

 小山力也著「古本屋ツアー・イン・ジャパン それから」(原書房 2400円+税)は、古本屋好きの間では広く知られているブログの書籍化第2弾。全国2000軒以上の古本屋を巡った著者が、えりすぐりの155軒を紹介している。

 石川県・金沢駅のほど近くにある「近八書房」の屋根の上に飾られた木製看板には、“創業寛政元年”の文字がある。江戸幕府でいえば、11代将軍家斉の時代から続く古本屋なのだ。店内には文学評論から歴史、日本文学、伝統芸能などさまざまなジャンルの古本が揃う。そして足元の棚には、昭和45年から発行されていた生活美術雑誌「銀花」や、昭和31年の発行以来国文学分野における最も権威ある論文誌とされていた「國文學」なども並ぶ。風情ある店構えを残す古都金沢の古本屋で、時間を忘れて古本探しをしてみるのもいい。

“世界一の古本の町”と呼ばれる神保町を有する東京だが、中にはもはや古本屋かどうかも分からない怪しい店もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る