寛政元年創業の老舗や怪しい店など全国155軒の古本屋ガイド

公開日:  更新日:

 小山力也著「古本屋ツアー・イン・ジャパン それから」(原書房 2400円+税)は、古本屋好きの間では広く知られているブログの書籍化第2弾。全国2000軒以上の古本屋を巡った著者が、えりすぐりの155軒を紹介している。

 石川県・金沢駅のほど近くにある「近八書房」の屋根の上に飾られた木製看板には、“創業寛政元年”の文字がある。江戸幕府でいえば、11代将軍家斉の時代から続く古本屋なのだ。店内には文学評論から歴史、日本文学、伝統芸能などさまざまなジャンルの古本が揃う。そして足元の棚には、昭和45年から発行されていた生活美術雑誌「銀花」や、昭和31年の発行以来国文学分野における最も権威ある論文誌とされていた「國文學」なども並ぶ。風情ある店構えを残す古都金沢の古本屋で、時間を忘れて古本探しをしてみるのもいい。

“世界一の古本の町”と呼ばれる神保町を有する東京だが、中にはもはや古本屋かどうかも分からない怪しい店もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る