悩める25歳世代の若手社員の“キモチ”

公開日:  更新日:

“近頃の若いヤツらは仕事に対する考えが甘い!”。こんな苛立ちを感じている諸兄にお薦めしたいのが、プロジェクト25実行委員会編「ワーキングピュア白書」(日経BPコンサルティング 1500円+税)。25歳世代の若者に対する取材を敢行し、仕事に対する意識などをルポしている。彼らをとりまく労働環境の現実は、希望が薄く、過酷であり、“情けない”と一刀両断にはできない一面も見えてくる。

 介護福祉施設に勤務する石山みどりさん。自ら望んだ職場で意欲的に働いてきたが、施設には「入所者ができることは手助けしない」という方針があり、戸惑いを隠せない。手助けの線引きが難しく、相談すべき上司は人事管理のみを行っているため、実態に合わない指示ばかりでひとり悩む日々だという。また、基本給が少なく、夜勤をして残業手当をもらっても生活は苦しい。肉体的負担も大きいが、入所者に十分な対応ができないことも、石山さんのやる気をそいでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る