FIFA腐敗はアベランジェ前会長の時代から始まった

公開日:  更新日:

 今年5月27日の早朝、スイスの高級ホテルに警察が踏み込みFIFA(国際サッカー連盟)の幹部が一斉逮捕された。アンドリュー・ジェニングス著、木村博江訳「FIFA 腐敗の全内幕」(文藝春秋 1600円+税)は、この逮捕劇のきっかけをつくったジャーナリストの、15年にもわたる取材の記録だ。

 FIFAの権力の源泉となっているのが、W杯サッカーの全世界に対する放映権や、各国ナショナルチームのユニホームのマーケティング権、大会の観戦チケットの発行権などだ。本書によると、FIFA腐敗のルーツは1974年から24年間、会長を務めたジョアン・アベランジェ前会長の時代にさかのぼるという。アベランジェは、違法賭博や武器売買を資金源にのし上がったリオデジャネイロの大物ギャング、カストル・デ・アンドラーデと朋友の間柄だった。アンドラーデから大きな影響を受けたアベランジェは利権を利用して権力を維持し、FIFAを私物化して国際的犯罪組織のようにつくり変えてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る