• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FIFA腐敗はアベランジェ前会長の時代から始まった

 今年5月27日の早朝、スイスの高級ホテルに警察が踏み込みFIFA(国際サッカー連盟)の幹部が一斉逮捕された。アンドリュー・ジェニングス著、木村博江訳「FIFA 腐敗の全内幕」(文藝春秋 1600円+税)は、この逮捕劇のきっかけをつくったジャーナリストの、15年にもわたる取材の記録だ。

 FIFAの権力の源泉となっているのが、W杯サッカーの全世界に対する放映権や、各国ナショナルチームのユニホームのマーケティング権、大会の観戦チケットの発行権などだ。本書によると、FIFA腐敗のルーツは1974年から24年間、会長を務めたジョアン・アベランジェ前会長の時代にさかのぼるという。アベランジェは、違法賭博や武器売買を資金源にのし上がったリオデジャネイロの大物ギャング、カストル・デ・アンドラーデと朋友の間柄だった。アンドラーデから大きな影響を受けたアベランジェは利権を利用して権力を維持し、FIFAを私物化して国際的犯罪組織のようにつくり変えてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る