FIFA腐敗はアベランジェ前会長の時代から始まった

公開日: 更新日:

 今年5月27日の早朝、スイスの高級ホテルに警察が踏み込みFIFA(国際サッカー連盟)の幹部が一斉逮捕された。アンドリュー・ジェニングス著、木村博江訳「FIFA 腐敗の全内幕」(文藝春秋 1600円+税)は、この逮捕劇のきっかけをつくったジャーナリストの、15年にもわたる取材の記録だ。

 FIFAの権力の源泉となっているのが、W杯サッカーの全世界に対する放映権や、各国ナショナルチームのユニホームのマーケティング権、大会の観戦チケットの発行権などだ。本書によると、FIFA腐敗のルーツは1974年から24年間、会長を務めたジョアン・アベランジェ前会長の時代にさかのぼるという。アベランジェは、違法賭博や武器売買を資金源にのし上がったリオデジャネイロの大物ギャング、カストル・デ・アンドラーデと朋友の間柄だった。アンドラーデから大きな影響を受けたアベランジェは利権を利用して権力を維持し、FIFAを私物化して国際的犯罪組織のようにつくり変えてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る

人気キーワード