• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貧困層の若者を狙う?安倍政権の徴兵制

 安全保障関連法案の成立により、若者たちの間でも注目のキーワードとなったのが“徴兵制”。しかも、貧困層を狙い撃ちにするのではという不安が広がっている。布施祐仁著「経済的徴兵制」(集英社 760円+税)では、すでに水面下で進行している、貧困層の徴兵について徹底解説していく。

 安倍首相は、日本が徴兵制になるのではといった国民の懸念や批判に対し、「デマゴーグ(扇動)だということを説明していきたい」と語っていた。また、現代兵器はハイテク化されているため、徴兵制の隊員では役に立たず、徴兵制導入の合理的理由がないとも説明した。

 しかし、自衛隊には多くの職種があり、全員がハイテク兵器を扱うわけではない。現に自衛隊には1任期が2~3年の任期制隊員募集制度があり、毎年1万人も採用している。安倍首相の言葉通り素人隊員が役に立たないのであれば、今でも任期制隊員の募集は不要ということではないか。これに加えて、徴兵制を導入しないのならどうやって隊員を確保していくのか、対案がまったく示されていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事