「つなぐビール」嶌田洋一著

公開日:  更新日:

 1994年の法改正で小規模事業者のビール市場参入が許可されたのを機に、各地で地ビール会社が誕生し、一時は空前の地ビールブームともいえるムーブメントがあった。だが、そんな状況も終わった2001年、盛岡の地にひっそりと産声を上げたビール会社・ベアレン醸造所がある。

 全く知名度のなかった岩手の小さなこの会社は、2015年4月に開催された「世界に伝えたい日本のクラフトビールコンテスト」で最高賞を獲得。日本一のビールと認められるまでになった。

 本書は、脱サラしてこの会社を友人と立ち上げた著者による起業記。なかなか工場建設にすら至らなかった創生期から、タンク事故や東日本大震災など数々の試練を乗り越えて愛好者の輪を広げた今に至るまでの歴史がつづられている。タイトル「つなぐビール」の「つなぐ」とは、多くの人の思いをつなぎ、ビールの歴史をつないでいくという意味。地方の小さな会社が大切にした理念が込められている。(ポプラ社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る