「つなぐビール」嶌田洋一著

公開日:  更新日:

 1994年の法改正で小規模事業者のビール市場参入が許可されたのを機に、各地で地ビール会社が誕生し、一時は空前の地ビールブームともいえるムーブメントがあった。だが、そんな状況も終わった2001年、盛岡の地にひっそりと産声を上げたビール会社・ベアレン醸造所がある。

 全く知名度のなかった岩手の小さなこの会社は、2015年4月に開催された「世界に伝えたい日本のクラフトビールコンテスト」で最高賞を獲得。日本一のビールと認められるまでになった。

 本書は、脱サラしてこの会社を友人と立ち上げた著者による起業記。なかなか工場建設にすら至らなかった創生期から、タンク事故や東日本大震災など数々の試練を乗り越えて愛好者の輪を広げた今に至るまでの歴史がつづられている。タイトル「つなぐビール」の「つなぐ」とは、多くの人の思いをつなぎ、ビールの歴史をつないでいくという意味。地方の小さな会社が大切にした理念が込められている。(ポプラ社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る