• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「虚栄」久坂部羊著

 201×年、急速に悪化する悪性度の高いがんで死亡する著名人が続出したことを契機に、がん治療に対する関心が高まり、最適化治療を決める重要政策会議「プロジェクトG4」が発足した。G4とは4つの治療法である、手術、抗がん剤、放射線治療、免疫療法の4つを指し、それぞれが一致協力してがんの撲滅を目指すことがこのプロジェクトの目的だった。

 しかしそれは、ロボットによるがん手術の普及を目指す阪都大学、分子標的薬などの抗がん剤治験のネットワーク化を目指す東帝大学、ピンポイント照射による放射線治療の有効性を訴える京御大学、米国から導入した副作用のない免疫療法を推す慶陵大学の研究者たちによる覇権争いと化す。果たしてプロジェクトの行方は……。

 本書は、がん治療をめぐる医療業界を描いた医療小説。最新治療だけを追いかけ良い面にしか光を当てないマスコミ、製薬業界や政治家との駆け引きなど、医療界に蠢く人間模様をリアルに描いている。(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る