「虚栄」久坂部羊著

公開日:  更新日:

 201×年、急速に悪化する悪性度の高いがんで死亡する著名人が続出したことを契機に、がん治療に対する関心が高まり、最適化治療を決める重要政策会議「プロジェクトG4」が発足した。G4とは4つの治療法である、手術、抗がん剤、放射線治療、免疫療法の4つを指し、それぞれが一致協力してがんの撲滅を目指すことがこのプロジェクトの目的だった。

 しかしそれは、ロボットによるがん手術の普及を目指す阪都大学、分子標的薬などの抗がん剤治験のネットワーク化を目指す東帝大学、ピンポイント照射による放射線治療の有効性を訴える京御大学、米国から導入した副作用のない免疫療法を推す慶陵大学の研究者たちによる覇権争いと化す。果たしてプロジェクトの行方は……。

 本書は、がん治療をめぐる医療業界を描いた医療小説。最新治療だけを追いかけ良い面にしか光を当てないマスコミ、製薬業界や政治家との駆け引きなど、医療界に蠢く人間模様をリアルに描いている。(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る