• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
香山リカ
著者のコラム一覧
香山リカ精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授

1960年、北海道生まれ。東京医科大卒。NHKラジオ「香山リカのココロの美容液」パーソナリティー。著書に「執着 生きづらさの正体」ほか多数。

「おろかなる者の宵闇深かりぬ」

「残の月 大道寺将司句集」大道寺将司著

 私事で恐縮だが、私の場合、最近、発言の場がどんどん狭まっている。テレビの地上波、全国紙、メジャー雑誌から声がかかる機会が激減した。単に言論人としての“賞味期限”が切れただけかもしれないが、現場の人から「使いにくい」と言われたこともある。反権力を口にする人物を登場させるとさまざまな圧力がかかるのだそうだ。

 すべての表現の手段が断たれたら、と考えるときにいつも思うのが大道寺将司のことだ。1974年、「東アジア反日武装戦線“狼”」による三菱重工爆破事件(8人が死亡)の主犯格で、翌年に逮捕された大道寺将司は、その後、死刑判決を受けたまま東京拘置所で過ごしている。社会から隔絶され、明日終わるとも永遠に続くとも知れぬ孤独な勾留生活の心象風景を17文字に凝縮させた句集「棺一基」は、読者に大きな衝撃を与えた。

 それから3年を経て出た句集「残の月」で、大道寺はがんを患っていた。「残の月」は「のこんのつき」と読み、朝になっても消えずに空にぼんやり残る月を指すという。作品をいくつか見ていこう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る