香山リカ
著者のコラム一覧
香山リカ精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授

1960年、北海道生まれ。東京医科大卒。NHKラジオ「香山リカのココロの美容液」パーソナリティー。著書に「執着 生きづらさの正体」ほか多数。

「おろかなる者の宵闇深かりぬ」

公開日:  更新日:

「残の月 大道寺将司句集」大道寺将司著

 私事で恐縮だが、私の場合、最近、発言の場がどんどん狭まっている。テレビの地上波、全国紙、メジャー雑誌から声がかかる機会が激減した。単に言論人としての“賞味期限”が切れただけかもしれないが、現場の人から「使いにくい」と言われたこともある。反権力を口にする人物を登場させるとさまざまな圧力がかかるのだそうだ。

 すべての表現の手段が断たれたら、と考えるときにいつも思うのが大道寺将司のことだ。1974年、「東アジア反日武装戦線“狼”」による三菱重工爆破事件(8人が死亡)の主犯格で、翌年に逮捕された大道寺将司は、その後、死刑判決を受けたまま東京拘置所で過ごしている。社会から隔絶され、明日終わるとも永遠に続くとも知れぬ孤独な勾留生活の心象風景を17文字に凝縮させた句集「棺一基」は、読者に大きな衝撃を与えた。

 それから3年を経て出た句集「残の月」で、大道寺はがんを患っていた。「残の月」は「のこんのつき」と読み、朝になっても消えずに空にぼんやり残る月を指すという。作品をいくつか見ていこう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る