• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「生活安全課0係 ファイヤーボール」富樫倫太郎著

 科警研の小早川は、念願の現場勤務がかなって杉並中央署に赴任。本庁の指示で東大出のキャリアの小早川を受け入れることになった署では、問題署員を集めた「何でも相談室」を設置し、配属する。

 生活安全課出身の寺田と組んだ小早川は、さっそく立ち小便の通報があった家に向かう。さらにボヤの現場に向かうと刑事や鑑識まで来ていた。どうやら連続放火事件のようだった。犯人は、放火に用いるファイヤーボールを現場に残していた。小早川は、犯人はピロマニア=放火狂と確信。犯行がエスカレートする前に捕まえなければ被害者が出ると心配する。

 空気が読めないキャリア刑事の活躍を描く警察小説。放映中の連続ドラマの原作。(祥伝社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る