「五代友厚」織田作之助著

公開日:  更新日:

 NHK朝の連続テレビ小説で注目が集まる実業家の人生を描いた評伝の復刻。

 文久2年8月、薩摩藩士が、英国人を斬り殺すという生麦事件が発生。英国は幕府と薩摩藩に莫大な賠償金を請求してきた。幕府は応じないつもりだが、英国との交渉を命じられた小笠原図書頭は、賠償金を支払う条件として英国が品川沖に展開する軍艦を薩摩へ回航するよう申し出る。クーパー提督の妾・お露から、幕府の謀略を伝えられた薩摩藩の船奉行副役の五代才助(後の友厚)は、独断で藩船を売却して賠償金を払い英国艦隊を再び江戸に追い返す算段を取り付ける……。

 維新後、大阪商法会議所を設立するなど大阪の発展に尽くした五代の後半生を鮮やかに描く。(河出書房新社 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る