「五代友厚」織田作之助著

公開日:  更新日:

 NHK朝の連続テレビ小説で注目が集まる実業家の人生を描いた評伝の復刻。

 文久2年8月、薩摩藩士が、英国人を斬り殺すという生麦事件が発生。英国は幕府と薩摩藩に莫大な賠償金を請求してきた。幕府は応じないつもりだが、英国との交渉を命じられた小笠原図書頭は、賠償金を支払う条件として英国が品川沖に展開する軍艦を薩摩へ回航するよう申し出る。クーパー提督の妾・お露から、幕府の謀略を伝えられた薩摩藩の船奉行副役の五代才助(後の友厚)は、独断で藩船を売却して賠償金を払い英国艦隊を再び江戸に追い返す算段を取り付ける……。

 維新後、大阪商法会議所を設立するなど大阪の発展に尽くした五代の後半生を鮮やかに描く。(河出書房新社 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る