「『かかと』整体で絶不調がスッキリ消える!」米澤浩著

公開日:  更新日:

 鍼灸や柔道整復を学んだ著者が説くのは“かかと”の重要性。体の土台となっているかかとの位置がズレると、ひざや骨盤、背骨や頚椎などすべての骨が正しい位置に収まらず全身にさまざまな不調をもたらすという。

 かかとの調整は、自分でも簡単にできる。まず床に座り、片足を伸ばし、曲げた方の足の足首を伸ばした方の太ももに乗せる。曲げた方の足のかかとを両手のひらで包み込み、円を描くようにかかとを回してみよう。もし、かかとが動く感覚がなければ、片手でかかとを掴み、ビンの蓋を開けるようにくるくるとなでてみる。最後に足の裏全体をサッとなで、足全体が温かく感じたら、かかとの位置が整った証拠。全身のバランスが整い、腰痛や猫背解消にもひと役買うはずだ。(さくら舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る