「地名の楽しみ」今尾恵介著

公開日: 更新日:

 地名の奥深い世界を解説したコラム集。

 河岸段丘の崖を昔の人は「ハケ」や「ママ」と呼んだ。漢字伝来以前からそう呼ばれたため、多摩川沿いの羽ケ下(羽村市)や、八ケ下(日野市)などのようにさまざまな字が当てられた。一方、上と下がペアになった地名は、「京都に近い方に上の字をつけた」と思われがちだが、実際は同じ流域の上流側か下流側(標高の上下)の違いだという。その他、粕壁と表記されていた地名が春日部(埼玉県)に改められた背景や、江戸時代に駕籠を作る職人が集まっていたという神田北乗物町など職業にまつわる地名など、その由来を読み解くだけでなく、近代以降の変遷や地名の構造まで幅広く教授。(筑摩書房 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る