作家が照らし出す 迷宮入りした凶悪事件の謎

公開日: 更新日:

「〈オウム真理教〉を検証する」井上順孝著

 迷宮入りした凶悪事件、決着後も割り切れなさを残す怪事件などが日本の病理を照らし出す――。

 あの地下鉄サリン事件からもう20年以上。しかし、事件の背景をなす日本社会の心の闇は依然として手つかずだ。化学兵器テロとしての教訓も生かされてない。本書は宗教学者や社会学者を中心にジャーナリストや事件当時はまだ子どもだった世代の大学院生までを含んだ専門論集。

 本書が特に想定する読者層は「オウム真理教事件にあまりリアリティーをもてない世代」=若者だという。オウムを異様な事件として葬らず、社会の病理の表れとして教訓を継承する試みというわけだ。

 オウムをチベット仏教やニューエイジなどに安易に結びつけると、逆に「ずいぶんと“立派”に見えてしまうという錯覚」が起こるという警告は鋭い。注目すべきは「自分たち以外のソト(の社会)に対する驚くべき差別意識と、それにもとづくすさまじい攻撃性」。悩みを逆転させて生まれた歪んだエリート意識が、他者を容易に軽んじる感覚を生み出すのだ。まさにイジメや排外主義の横行に通じる現代の社会病理。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る

人気キーワード