「ミッドナイト・ジャーナル」本城雅人著

公開日: 更新日:

 中央新聞さいたま支局の関口の記事に、デスクは「不明女児、遺体発見か」という見出しをつけて送った。だが、3人目の女児は無事発見され、大誤報となった。2人の女児を殺害した犯人はやがて逮捕され、処刑された。

 7年後、再び女児連れ去り未遂事件が起きる。犯人は2人組と聞いて、かつての女児殺害事件の記事に2人組の犯行と書いたのに誤報騒ぎでうやむやになったことを関口は思い出した。あの事件には共犯者がいたのでは? 助かった女児の家族の心を誤報で傷つけたことを悔やみながらも、関口は過去の事件を洗いなおす。

 記者歴20年の著者が報道のあり方を問いかける社会派ミステリー。(講談社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る