「ミッドナイト・ジャーナル」本城雅人著

公開日:  更新日:

 中央新聞さいたま支局の関口の記事に、デスクは「不明女児、遺体発見か」という見出しをつけて送った。だが、3人目の女児は無事発見され、大誤報となった。2人の女児を殺害した犯人はやがて逮捕され、処刑された。

 7年後、再び女児連れ去り未遂事件が起きる。犯人は2人組と聞いて、かつての女児殺害事件の記事に2人組の犯行と書いたのに誤報騒ぎでうやむやになったことを関口は思い出した。あの事件には共犯者がいたのでは? 助かった女児の家族の心を誤報で傷つけたことを悔やみながらも、関口は過去の事件を洗いなおす。

 記者歴20年の著者が報道のあり方を問いかける社会派ミステリー。(講談社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る