「首都直下地震」平田直著

公開日:  更新日:

 首都直下型地震と、それがもたらす社会への影響を最新の地震学の知見とともに解説するサイエンス・テキスト。

 東京都を中心にした150キロ四方範囲では、過去100年間に阪神淡路大震災をもたらした地震と同じマグニチュード(M)7程度の地震が5回発生していることが分かっている。世界的に見ても関東地方は地震が極めて多い地域なのだ。現在想定されている首都直下型地震の断層は19タイプ。そのうち首都中枢への影響が最も大きいと考えられるのが「都心南部直下地震」だという。

 しかし、M7クラスの地震はどこで起きるかはまったく分からない。地震予知の可能性から首都直下型地震への備えまで。最新の情報とともに、今何をすべきかを説く。(岩波書店 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る