「人形(ひとがた)」モー・ヘイダー著 北野寿美枝訳

公開日:  更新日:

 A・Jが上級看護コーディネーターとして働くブリストル市の重警備精神科医療施設でスタッフの欠勤が続出。自傷他害の危険性が高い患者を収容する同施設は、元は救貧院で、患者たちは当時の職員の亡霊「ザ・モード」の出没におびえていた。

 3週間前の患者の不審死がきっかけとなりスタッフの間にも動揺が広がってしまったのだ。A・Jは、亡霊におびえ精神崩壊の危機に瀕している患者たちを心配し、院長のメラニーに対処を求める。しかし、メラニーは動かず、A・Jは、エイボン・アンド・サマセット警察のキャフェリー警部に極秘裏での捜査を依頼する。

 サスペンスの新女王と称される著者の人気シリーズ第6作。(早川書房 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る