「人形(ひとがた)」モー・ヘイダー著 北野寿美枝訳

公開日: 更新日:

 A・Jが上級看護コーディネーターとして働くブリストル市の重警備精神科医療施設でスタッフの欠勤が続出。自傷他害の危険性が高い患者を収容する同施設は、元は救貧院で、患者たちは当時の職員の亡霊「ザ・モード」の出没におびえていた。

 3週間前の患者の不審死がきっかけとなりスタッフの間にも動揺が広がってしまったのだ。A・Jは、亡霊におびえ精神崩壊の危機に瀕している患者たちを心配し、院長のメラニーに対処を求める。しかし、メラニーは動かず、A・Jは、エイボン・アンド・サマセット警察のキャフェリー警部に極秘裏での捜査を依頼する。

 サスペンスの新女王と称される著者の人気シリーズ第6作。(早川書房 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る

人気キーワード