「十津川警部 北陸新幹線『かがやき』の客たち」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 会社員の細野は、金沢に住む遠距離恋愛中の女子大生・綾と開業当日に北陸新幹線に乗車する計画を立てる。しかし、当日、金沢から上京するはずの綾が現れず、電話もつながらない。細野は予定通り北陸新幹線「かがやき」で金沢に向かい綾の部屋を訪ねるが、やはり彼女の姿はない。

 2日後、綾が東京の江戸川河口で溺死体で見つかる。捜査を担当した十津川は、冷静に事情を語る細野の犯行を疑う。友人らの話から綾が細野に隠し事を抱えていたことが分かる。十津川は、細野を尾行し、彼の行動を監視する。そんな中、江戸川の河原で男性の他殺体が見つかる。

 北陸新幹線開業の喧騒の中で起きた連続殺人事件の謎に迫る旅情ミステリー最新刊。(集英社 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る