「十津川警部 北陸新幹線『かがやき』の客たち」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 会社員の細野は、金沢に住む遠距離恋愛中の女子大生・綾と開業当日に北陸新幹線に乗車する計画を立てる。しかし、当日、金沢から上京するはずの綾が現れず、電話もつながらない。細野は予定通り北陸新幹線「かがやき」で金沢に向かい綾の部屋を訪ねるが、やはり彼女の姿はない。

 2日後、綾が東京の江戸川河口で溺死体で見つかる。捜査を担当した十津川は、冷静に事情を語る細野の犯行を疑う。友人らの話から綾が細野に隠し事を抱えていたことが分かる。十津川は、細野を尾行し、彼の行動を監視する。そんな中、江戸川の河原で男性の他殺体が見つかる。

 北陸新幹線開業の喧騒の中で起きた連続殺人事件の謎に迫る旅情ミステリー最新刊。(集英社 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る