「十津川警部 北陸新幹線『かがやき』の客たち」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 会社員の細野は、金沢に住む遠距離恋愛中の女子大生・綾と開業当日に北陸新幹線に乗車する計画を立てる。しかし、当日、金沢から上京するはずの綾が現れず、電話もつながらない。細野は予定通り北陸新幹線「かがやき」で金沢に向かい綾の部屋を訪ねるが、やはり彼女の姿はない。

 2日後、綾が東京の江戸川河口で溺死体で見つかる。捜査を担当した十津川は、冷静に事情を語る細野の犯行を疑う。友人らの話から綾が細野に隠し事を抱えていたことが分かる。十津川は、細野を尾行し、彼の行動を監視する。そんな中、江戸川の河原で男性の他殺体が見つかる。

 北陸新幹線開業の喧騒の中で起きた連続殺人事件の謎に迫る旅情ミステリー最新刊。(集英社 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る

人気キーワード