• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「死んだライオン」ミック・ヘロン著、田村義進訳

 保安局(通称MI5)の任務中に失敗を犯したスパイたちが集められ無為な仕事を与えられる「泥沼の家」。そのリーダーのラムは、同じ時期にベルリンに駐在していた元スパイ、ディッキー・ボウの死に疑問を抱く。

 今はアダルトショップで働くボウは、通勤途中のバスの中で死んでいた。検視では心臓発作となっていたが、兄弟に成り済ましたラムが、ボウが死んでいた座席を調べると、シートの隙間に押し込まれた携帯電話が見つかる。携帯電話のメールの下書きのフォルダに「蝉」とだけ書かれたメッセージが残されていた。それは旧ソ連の幻のスパイの暗号名だった。

 窓際スパイたちを主人公にした長編ミステリー。(早川書房 1060円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る