• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「死んだライオン」ミック・ヘロン著、田村義進訳

 保安局(通称MI5)の任務中に失敗を犯したスパイたちが集められ無為な仕事を与えられる「泥沼の家」。そのリーダーのラムは、同じ時期にベルリンに駐在していた元スパイ、ディッキー・ボウの死に疑問を抱く。

 今はアダルトショップで働くボウは、通勤途中のバスの中で死んでいた。検視では心臓発作となっていたが、兄弟に成り済ましたラムが、ボウが死んでいた座席を調べると、シートの隙間に押し込まれた携帯電話が見つかる。携帯電話のメールの下書きのフォルダに「蝉」とだけ書かれたメッセージが残されていた。それは旧ソ連の幻のスパイの暗号名だった。

 窓際スパイたちを主人公にした長編ミステリー。(早川書房 1060円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る