「死んだライオン」ミック・ヘロン著、田村義進訳

公開日:  更新日:

 保安局(通称MI5)の任務中に失敗を犯したスパイたちが集められ無為な仕事を与えられる「泥沼の家」。そのリーダーのラムは、同じ時期にベルリンに駐在していた元スパイ、ディッキー・ボウの死に疑問を抱く。

 今はアダルトショップで働くボウは、通勤途中のバスの中で死んでいた。検視では心臓発作となっていたが、兄弟に成り済ましたラムが、ボウが死んでいた座席を調べると、シートの隙間に押し込まれた携帯電話が見つかる。携帯電話のメールの下書きのフォルダに「蝉」とだけ書かれたメッセージが残されていた。それは旧ソ連の幻のスパイの暗号名だった。

 窓際スパイたちを主人公にした長編ミステリー。(早川書房 1060円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る