日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腹が凹む!神の7秒間メソッド」北島達也著

 メタボの腹を何とかしたいという中高年は多い。しかし、100回以上続けられるような腹筋運動では、腹はまず凹まないと元ボディービルダーの著者は言う。

 ひとつの筋肉が強い力を発揮できるのは、わずか7秒間。それを超えて長時間運動をしても、効果はあまりないのだという。しかも、腹筋運動だけでは腹の脂肪を落とすことは難しく、なかなか腹が凹まないため多くの人が挫折してしまうのだ。効果的に腹を凹ませる方法として、本書では「ダンベルを使い“上腕二頭筋”を鍛えること」を勧めている。

 ダンベル運動は体幹部分に力が入るため、腹部を含めた全身が引き締まる。しかも腕の筋肉の変化は目に見えやすいため、トレーニングのモチベーションも維持しやすいそうだ。(ワニブックス 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事