「疲れない脳をつくる生活習慣」石川善樹著

公開日:  更新日:

 人間が1日に行える“意思決定”の量は限られており、「LINEにどんなスタンプを押そうか……」などと思考を無駄遣いすれば、脳はどんどん疲労する。1日の意思決定量を使い果たせば、あとはボンヤリと過ごすしかない。

 そこで提案したいのが、脳の疲労を最小限に抑える生活の工夫だ。朝食では、脳に栄養を与える炭水化物をしっかりと取ること。日中は脳の疲労を抑えるセロトニンの分泌を促すため、深い呼吸をすることを心がける。鼻から5秒かけて息を吸い、口から10~15秒かけて吐く深呼吸を2~3分行うのがおすすめだ。肩こりや腰痛はイライラを誘発して脳疲労の原因にもなるため、肩回しや背伸びなども習慣づけるとよい。

 少しの工夫で、仕事のパフォーマンスも驚くほどアップするはずだ。(プレジデント社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る