「疲れない脳をつくる生活習慣」石川善樹著

公開日: 更新日:

 人間が1日に行える“意思決定”の量は限られており、「LINEにどんなスタンプを押そうか……」などと思考を無駄遣いすれば、脳はどんどん疲労する。1日の意思決定量を使い果たせば、あとはボンヤリと過ごすしかない。

 そこで提案したいのが、脳の疲労を最小限に抑える生活の工夫だ。朝食では、脳に栄養を与える炭水化物をしっかりと取ること。日中は脳の疲労を抑えるセロトニンの分泌を促すため、深い呼吸をすることを心がける。鼻から5秒かけて息を吸い、口から10~15秒かけて吐く深呼吸を2~3分行うのがおすすめだ。肩こりや腰痛はイライラを誘発して脳疲労の原因にもなるため、肩回しや背伸びなども習慣づけるとよい。

 少しの工夫で、仕事のパフォーマンスも驚くほどアップするはずだ。(プレジデント社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る