• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「長く健康でいたければ、『背伸び』をしなさい」仲野孝明著

 姿勢が悪いと筋肉や内臓、神経にまで負担がかかり、肩こりや腰痛をはじめ頭痛やめまい、高血圧やうつ病などのリスクを高める要因にもなるという。とはいえ、姿勢が悪い人が正しい姿勢を維持し続けることは非常に困難だ。

 そこで効果を発揮するのが、「背伸び」をすること。人が背伸びをするとき、無意識に顎を引いた状態になり、頭の位置が引き上がってお腹が上に引っ張られ、お腹回りが自然に薄くなる。実はこれが理想的な体のポジションであり、この姿勢を体が覚えることで、猫背気味になったとしても姿勢を正しやすくなるのだ。

 会議中など腕を伸ばして背伸びをできないときは、耳の後ろを引き上げるよう意識すると背伸びと同様の効果が期待できる。背伸びを毎日の習慣にしたい。(サンマーク出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る