「長く健康でいたければ、『背伸び』をしなさい」仲野孝明著

公開日: 更新日:

 姿勢が悪いと筋肉や内臓、神経にまで負担がかかり、肩こりや腰痛をはじめ頭痛やめまい、高血圧やうつ病などのリスクを高める要因にもなるという。とはいえ、姿勢が悪い人が正しい姿勢を維持し続けることは非常に困難だ。

 そこで効果を発揮するのが、「背伸び」をすること。人が背伸びをするとき、無意識に顎を引いた状態になり、頭の位置が引き上がってお腹が上に引っ張られ、お腹回りが自然に薄くなる。実はこれが理想的な体のポジションであり、この姿勢を体が覚えることで、猫背気味になったとしても姿勢を正しやすくなるのだ。

 会議中など腕を伸ばして背伸びをできないときは、耳の後ろを引き上げるよう意識すると背伸びと同様の効果が期待できる。背伸びを毎日の習慣にしたい。(サンマーク出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る