「人工股関節手術不要論」鶴田昇著

公開日:  更新日:

 腰痛やひざ痛と並んで多いのが、強い痛みのほか突然、歩けなくなってしまう跛行が起きる股関節痛だ。

 薬や注射による治療も行われるが、整形外科を受診すると人工関節置換術を勧められるケースが多く、2013年度でこの手術を受けた人は5万3000人にも上っている。

 しかし、これまで6000人を超える患者を治療してきた著者は、股関節痛の原因は股関節ではなく「腸腰筋」と呼ばれる筋肉の疲労と硬化にあり、人工関節置換術は医療過誤とも言える無駄な治療だと一刀両断している。

 股関節部分に手を当て、その奥にある腸腰筋の血流を改善することで痛みを軽減していく「つるた療法」の仕組みを解説しながら、股関節痛が劇的に回復した数多くの症例も紹介していく。(現代書林 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る