• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人工股関節手術不要論」鶴田昇著

 腰痛やひざ痛と並んで多いのが、強い痛みのほか突然、歩けなくなってしまう跛行が起きる股関節痛だ。

 薬や注射による治療も行われるが、整形外科を受診すると人工関節置換術を勧められるケースが多く、2013年度でこの手術を受けた人は5万3000人にも上っている。

 しかし、これまで6000人を超える患者を治療してきた著者は、股関節痛の原因は股関節ではなく「腸腰筋」と呼ばれる筋肉の疲労と硬化にあり、人工関節置換術は医療過誤とも言える無駄な治療だと一刀両断している。

 股関節部分に手を当て、その奥にある腸腰筋の血流を改善することで痛みを軽減していく「つるた療法」の仕組みを解説しながら、股関節痛が劇的に回復した数多くの症例も紹介していく。(現代書林 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る