「人工股関節手術不要論」鶴田昇著

公開日:  更新日:

 腰痛やひざ痛と並んで多いのが、強い痛みのほか突然、歩けなくなってしまう跛行が起きる股関節痛だ。

 薬や注射による治療も行われるが、整形外科を受診すると人工関節置換術を勧められるケースが多く、2013年度でこの手術を受けた人は5万3000人にも上っている。

 しかし、これまで6000人を超える患者を治療してきた著者は、股関節痛の原因は股関節ではなく「腸腰筋」と呼ばれる筋肉の疲労と硬化にあり、人工関節置換術は医療過誤とも言える無駄な治療だと一刀両断している。

 股関節部分に手を当て、その奥にある腸腰筋の血流を改善することで痛みを軽減していく「つるた療法」の仕組みを解説しながら、股関節痛が劇的に回復した数多くの症例も紹介していく。(現代書林 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る