• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「帰郷」浅田次郎著

 戦争が終わって3カ月、新宿駅近くの闇市の片隅に立つ街娼の綾子は、体を売って日々をしのぐ自分が野良猫以下の生き物に思えて仕方ない。目の前の駅から汽車に乗れば、故郷に帰るのはたやすいが、それは死者が蘇るほど無理な話だった。物思いにふける綾子に、男が声をかけてきた。復員兵の格好をした男は、金を払うから話し相手になってくれという。連れ込み旅館に向かう途中、軍隊毛布をかけてくれた男のやさしさが身に染みる。何日も話し相手を求めて闇市をさまよっていたという男は、庄一と名乗り、帰郷したものの家族と会わずに東京に舞い戻ってきた理由を語りだす。(「歸郷」)

 戦争によって人生を引き裂かれた男たちを描く短編集。(集英社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る