• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「恋から始まったビョーキ」松居沙夜著

 強迫性障害とは、不潔が気になって何度も手を洗うなど、無意味と分かっていながら同じ行為を繰り返し、やめられなくなってしまう疾患。思い返せば小学生時代にその兆候はあったが、予備校生時代に初めて交際したA、続く大学生のBとの恋愛によって症状が顕著となり、自分が精神疾患であることを自覚したという。運転中に墓石の破片を踏んだと思い込み神棚の前で謝罪を続けてしまった「縁起恐怖」や買い物から帰宅後に購入した全商品を除菌しなければ気が済まない「不潔恐怖」など、自らの体験を告白しながら、強迫性障害の諸症状や行動療法の効果などを紹介する。

 長年、精神疾患の強迫性障害に苦しんできた著者による闘病エッセー。(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る