「鳥獣害」祖田修著

公開日:  更新日:

 農業経済学者が近年、深刻化する一方の鳥獣害について論じたリポート。

 公務を退いた後、京都の中山間地域で野菜やコメ作りを始めた氏は、カラスやシカ、イノシシに作物を食べられる被害に直面する。

 鳥獣害の原因は、里山の荒廃や天然林の減少による動物たちの食べ物不足といわれるが、実は自然環境の回復に伴って、動物の分布範囲が拡大していることが主要因だという説もあるという。

 事実、1990年代後半から、野生鳥獣の数が急速に膨れ上がっているそうだ。

 地域の活性化を目指したモデル農業が、獣害によって破綻した島根県の例など、人と野生動物の戦いの実態を紹介。人間と野生動物の関係の歴史と今後のありようについて考察する。(岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る