「鳥獣害」祖田修著

公開日: 更新日:

 農業経済学者が近年、深刻化する一方の鳥獣害について論じたリポート。

 公務を退いた後、京都の中山間地域で野菜やコメ作りを始めた氏は、カラスやシカ、イノシシに作物を食べられる被害に直面する。

 鳥獣害の原因は、里山の荒廃や天然林の減少による動物たちの食べ物不足といわれるが、実は自然環境の回復に伴って、動物の分布範囲が拡大していることが主要因だという説もあるという。

 事実、1990年代後半から、野生鳥獣の数が急速に膨れ上がっているそうだ。

 地域の活性化を目指したモデル農業が、獣害によって破綻した島根県の例など、人と野生動物の戦いの実態を紹介。人間と野生動物の関係の歴史と今後のありようについて考察する。(岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  5. 5

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  6. 6

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  9. 9

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る