• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鳥獣害」祖田修著

 農業経済学者が近年、深刻化する一方の鳥獣害について論じたリポート。

 公務を退いた後、京都の中山間地域で野菜やコメ作りを始めた氏は、カラスやシカ、イノシシに作物を食べられる被害に直面する。

 鳥獣害の原因は、里山の荒廃や天然林の減少による動物たちの食べ物不足といわれるが、実は自然環境の回復に伴って、動物の分布範囲が拡大していることが主要因だという説もあるという。

 事実、1990年代後半から、野生鳥獣の数が急速に膨れ上がっているそうだ。

 地域の活性化を目指したモデル農業が、獣害によって破綻した島根県の例など、人と野生動物の戦いの実態を紹介。人間と野生動物の関係の歴史と今後のありようについて考察する。(岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る