「喪失の戦後史」平川克美氏

公開日: 更新日:

「歴史を振り返る上で大切なのは、自分を疑い、自分は何も知らないというところから出発することなんですね。私たちの祖先が何を選択してしまったのか。過去の為政者がどこで、どのような理由から、あり得たかもしれない現実から乖離し、希望を現実と読み替えてしまったのかを知ることだろうと思います」

 本書は、音源配信サイト「ラジオデイズ」が企画した「平川克美の一〇〇分授業」の全6回の講義をまとめたものだ。

 1950年に東京・蒲田駅に近いところで生まれ育った著者が、駅前のそば屋のテレビで見たプロレス中継や、羽田弁天橋で機動隊と学生との衝突などを目の当たりにした自分史と重ね合わせて、戦後70年を振り返った体験的戦後史論である。

「戦後の日本の歴史というのは、おおざっぱに言えば、食うや食わずの日本人がゆとりを持って生活できるようになるまでの近代化の歴史だったわけです。エンゲル係数は戦後5年目の1950年には57・4%と高い数値で、ほとんど食べるためだけに働いていました。それが、高度成長の終わる1973年には30%までに落ちます。収入も10倍以上になり、その70%を食費以外の、娯楽とか、教育費とか貯蓄などに使えるようになった。これはそれまでとは大違いなんですね。もはや労働は食うためのものではなくなった。その結節点が、オイルショックの1973年だったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る