「喪失の戦後史」平川克美氏

公開日:

「歴史を振り返る上で大切なのは、自分を疑い、自分は何も知らないというところから出発することなんですね。私たちの祖先が何を選択してしまったのか。過去の為政者がどこで、どのような理由から、あり得たかもしれない現実から乖離し、希望を現実と読み替えてしまったのかを知ることだろうと思います」

 本書は、音源配信サイト「ラジオデイズ」が企画した「平川克美の一〇〇分授業」の全6回の講義をまとめたものだ。

 1950年に東京・蒲田駅に近いところで生まれ育った著者が、駅前のそば屋のテレビで見たプロレス中継や、羽田弁天橋で機動隊と学生との衝突などを目の当たりにした自分史と重ね合わせて、戦後70年を振り返った体験的戦後史論である。

「戦後の日本の歴史というのは、おおざっぱに言えば、食うや食わずの日本人がゆとりを持って生活できるようになるまでの近代化の歴史だったわけです。エンゲル係数は戦後5年目の1950年には57・4%と高い数値で、ほとんど食べるためだけに働いていました。それが、高度成長の終わる1973年には30%までに落ちます。収入も10倍以上になり、その70%を食費以外の、娯楽とか、教育費とか貯蓄などに使えるようになった。これはそれまでとは大違いなんですね。もはや労働は食うためのものではなくなった。その結節点が、オイルショックの1973年だったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る