「『強すぎる自民党』の病理」池田信夫著

公開日:

 今夏の参議院選挙も自民党が圧勝。安倍首相は「アベノミクスが支持された」と自画自賛するが、成長率はゼロに近づき、2%のインフレ目標はマイナスという、ろくな経済政策もない自民党がなぜ選挙に勝てたのか。それは、増税などの有権者が嫌がる政策をすべて先送りし、財政や社会保障などの問題にも触れなかったからだと著者は指摘する。

 自民党政治は、一貫して増税のような利害対立の起こる問題を避け、誰も反対しないバラマキだけを行う「日本型ポピュリズム」だと批判。財政と社会保障を破綻の危機に追い込んだこの「甘えの構造」がどのように生まれ、現在まで続いてきたのか。戦後政治史を追いながら、その「無責任体質」の源に迫る。(PHP研究所 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る