「『強すぎる自民党』の病理」池田信夫著

公開日: 更新日:

 今夏の参議院選挙も自民党が圧勝。安倍首相は「アベノミクスが支持された」と自画自賛するが、成長率はゼロに近づき、2%のインフレ目標はマイナスという、ろくな経済政策もない自民党がなぜ選挙に勝てたのか。それは、増税などの有権者が嫌がる政策をすべて先送りし、財政や社会保障などの問題にも触れなかったからだと著者は指摘する。

 自民党政治は、一貫して増税のような利害対立の起こる問題を避け、誰も反対しないバラマキだけを行う「日本型ポピュリズム」だと批判。財政と社会保障を破綻の危機に追い込んだこの「甘えの構造」がどのように生まれ、現在まで続いてきたのか。戦後政治史を追いながら、その「無責任体質」の源に迫る。(PHP研究所 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る

人気キーワード