「『強すぎる自民党』の病理」池田信夫著

公開日:

 今夏の参議院選挙も自民党が圧勝。安倍首相は「アベノミクスが支持された」と自画自賛するが、成長率はゼロに近づき、2%のインフレ目標はマイナスという、ろくな経済政策もない自民党がなぜ選挙に勝てたのか。それは、増税などの有権者が嫌がる政策をすべて先送りし、財政や社会保障などの問題にも触れなかったからだと著者は指摘する。

 自民党政治は、一貫して増税のような利害対立の起こる問題を避け、誰も反対しないバラマキだけを行う「日本型ポピュリズム」だと批判。財政と社会保障を破綻の危機に追い込んだこの「甘えの構造」がどのように生まれ、現在まで続いてきたのか。戦後政治史を追いながら、その「無責任体質」の源に迫る。(PHP研究所 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る