「黒面の狐」三津田信三著

公開日: 更新日:

 満州の建国大学で学んだ物理波矢多は建国大学の理念が満州の農民に伝わっていなかったことに衝撃を受け、終戦後、炭坑夫の合里という男に出会い、九州の炭坑に入る。ある日、坑内で落盤事故が発生し、合里が逃げ遅れた。ガス中毒の危険があるため救援に入れない。

 そんなとき、炭鉱住宅でしめ縄で首を吊った死体が発見された。近くで遊んでいた子どもが黒い顔の狐が入って行くのを見たが、部屋は密室になっていて狐は姿を消した。その後、炭坑夫が同じ死に方をする事件が続き、坑内で不慮の死を遂げた者は黒い狐になるという迷信に炭鉱中がおびえるが……。

 戦後の炭鉱を舞台にしたミステリー。(文藝春秋 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る