「黒面の狐」三津田信三著

公開日: 更新日:

 満州の建国大学で学んだ物理波矢多は建国大学の理念が満州の農民に伝わっていなかったことに衝撃を受け、終戦後、炭坑夫の合里という男に出会い、九州の炭坑に入る。ある日、坑内で落盤事故が発生し、合里が逃げ遅れた。ガス中毒の危険があるため救援に入れない。

 そんなとき、炭鉱住宅でしめ縄で首を吊った死体が発見された。近くで遊んでいた子どもが黒い顔の狐が入って行くのを見たが、部屋は密室になっていて狐は姿を消した。その後、炭坑夫が同じ死に方をする事件が続き、坑内で不慮の死を遂げた者は黒い狐になるという迷信に炭鉱中がおびえるが……。

 戦後の炭鉱を舞台にしたミステリー。(文藝春秋 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  9. 9

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る