「黒面の狐」三津田信三著

公開日:

 満州の建国大学で学んだ物理波矢多は建国大学の理念が満州の農民に伝わっていなかったことに衝撃を受け、終戦後、炭坑夫の合里という男に出会い、九州の炭坑に入る。ある日、坑内で落盤事故が発生し、合里が逃げ遅れた。ガス中毒の危険があるため救援に入れない。

 そんなとき、炭鉱住宅でしめ縄で首を吊った死体が発見された。近くで遊んでいた子どもが黒い顔の狐が入って行くのを見たが、部屋は密室になっていて狐は姿を消した。その後、炭坑夫が同じ死に方をする事件が続き、坑内で不慮の死を遂げた者は黒い狐になるという迷信に炭鉱中がおびえるが……。

 戦後の炭鉱を舞台にしたミステリー。(文藝春秋 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る