公開日:

「町の未来をこの手でつくる」猪谷千香著

「田舎に暮らす」などと気軽に口にしながら失敗する例は後を絶たず。では何をすれば本当に成功できるのか。それを知るための本を精選した――。

 近年最も成功した町おこしの実例として全国から注目されているのが岩手県盛岡市から電車で約20分の紫波(しわ)町。

 JRの駅を降りるとすぐ目の前に広がるのが「オガール広場」。岩手弁で「育つ」を意味する「おがる」とフランス語の「駅」(ガール)をダブらせた造語だが、商業施設と図書館と遊び場が合体したユニークな造りになっている。

 仕掛け人は地元出身の事業家。もとは「地域振興整備公団」で準公務員的に町おこしに関わったが、父の死で実家の建設会社を継ぎ、地方の衰退を目のあたりにして一念発起。東京の社会人大学院にも週1回通学しながら、公民連携で町おこしを実践する技法を学んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る