公開日: 更新日:

「町の未来をこの手でつくる」猪谷千香著

「田舎に暮らす」などと気軽に口にしながら失敗する例は後を絶たず。では何をすれば本当に成功できるのか。それを知るための本を精選した――。

 近年最も成功した町おこしの実例として全国から注目されているのが岩手県盛岡市から電車で約20分の紫波(しわ)町。

 JRの駅を降りるとすぐ目の前に広がるのが「オガール広場」。岩手弁で「育つ」を意味する「おがる」とフランス語の「駅」(ガール)をダブらせた造語だが、商業施設と図書館と遊び場が合体したユニークな造りになっている。

 仕掛け人は地元出身の事業家。もとは「地域振興整備公団」で準公務員的に町おこしに関わったが、父の死で実家の建設会社を継ぎ、地方の衰退を目のあたりにして一念発起。東京の社会人大学院にも週1回通学しながら、公民連携で町おこしを実践する技法を学んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る