「パイルドライバー」長崎尚志氏

公開日: 更新日:

 町のお巡りさんから捜査1課のアウトローまで、魅力的な警察官が爽快に事件を解決していく小説は映像化されているものも多い。そんな一大ジャンルとなっている警察小説に、出色の作品が登場した。著者は、漫画原作者として数多くの有名作品に関わってきた経歴を持つ。

「警察が登場する作品には何度も携わってきましたが、正統派の路線、王道の小説というものをずっと書いてみたかった。初めての警察小説なので、盛りだくさんに要素をぶち込みました。知り合いの編集者からは、どれかひとつの要素でも1冊書けたのに、もったいないと言われてしまいました(笑い)」

 主人公の若手刑事・中戸川俊介は、警察を辞めようと思っていた矢先にある事件の捜査を命じられる。それは、神奈川県の閑静な住宅街で起きた一家惨殺事件。夫婦と9歳の息子が大型刀で刺され、血まみれの遺体にはピエロの化粧が施されるというおぞましいものだった。しかもこの事件は、15年前に起きた一家惨殺未解決事件と不気味なほど似通っていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る