「死なないつもり」横尾忠則著

公開日:

 80歳になった美術家が、創作や老い、人生について語るエッセー集。

 10代の氏は、高校を卒業して郵便屋さんになるつもりだったが、先生に美大を勧められ受験勉強を始めたものの、同じ先生に説得され、前日になって受験をやめ、地元の印刷所に就職したという。主体性もなく、優柔不断に生きてきたが、日本デザインセンターに入社したときだけは運命に逆らった。そんな自らの青春時代を紹介しながら、「自分が何者かなんて、結局は他人が決めること。最近は何者でもよい、運命の女神に任せよう」と語る。

 その他「隠居の本当の意味は好きなことで忙しくすること」など、自然体に生きる氏から発せられる言葉に、凝り固まった心が解きほぐされる。(ポプラ社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る