• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「死なないつもり」横尾忠則著

 80歳になった美術家が、創作や老い、人生について語るエッセー集。

 10代の氏は、高校を卒業して郵便屋さんになるつもりだったが、先生に美大を勧められ受験勉強を始めたものの、同じ先生に説得され、前日になって受験をやめ、地元の印刷所に就職したという。主体性もなく、優柔不断に生きてきたが、日本デザインセンターに入社したときだけは運命に逆らった。そんな自らの青春時代を紹介しながら、「自分が何者かなんて、結局は他人が決めること。最近は何者でもよい、運命の女神に任せよう」と語る。

 その他「隠居の本当の意味は好きなことで忙しくすること」など、自然体に生きる氏から発せられる言葉に、凝り固まった心が解きほぐされる。(ポプラ社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る