「死なないつもり」横尾忠則著

公開日: 更新日:

 80歳になった美術家が、創作や老い、人生について語るエッセー集。

 10代の氏は、高校を卒業して郵便屋さんになるつもりだったが、先生に美大を勧められ受験勉強を始めたものの、同じ先生に説得され、前日になって受験をやめ、地元の印刷所に就職したという。主体性もなく、優柔不断に生きてきたが、日本デザインセンターに入社したときだけは運命に逆らった。そんな自らの青春時代を紹介しながら、「自分が何者かなんて、結局は他人が決めること。最近は何者でもよい、運命の女神に任せよう」と語る。

 その他「隠居の本当の意味は好きなことで忙しくすること」など、自然体に生きる氏から発せられる言葉に、凝り固まった心が解きほぐされる。(ポプラ社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る