「病気は人生の夏休み」樋野興夫著

公開日:

 2008年に「がん哲学外来」を開設し、これまで3000人以上の患者や家族に希望を与えてきた順天堂大学医学部教授の著者が、病気で生きる基軸を見失ってしまった人に送る「言葉の処方箋」。

 たとえば「使命をまっとうするまで、人は死なない」。使命がある限り、人は簡単に死なない。使命や目的を持っている人は頑張れる。逆に使命や目的を失った人は亡くなるのも早いように感じるという。だから、何をしたらいいかわからなくても焦ることなく、病気は人生の夏休みと考えて、これまでやれなかったことに時間を使ってみてはどうかと提案する。

 他にも、「病気になっても、病人ではない」「元気なときの自分が最高とは思わない」「八方塞がりでも、天は開いている」「死もまたありがたくいただく」など、患者を勇気づけてくれる80の言葉が詰まっている。(幻冬舎 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る