• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「病気は人生の夏休み」樋野興夫著

 2008年に「がん哲学外来」を開設し、これまで3000人以上の患者や家族に希望を与えてきた順天堂大学医学部教授の著者が、病気で生きる基軸を見失ってしまった人に送る「言葉の処方箋」。

 たとえば「使命をまっとうするまで、人は死なない」。使命がある限り、人は簡単に死なない。使命や目的を持っている人は頑張れる。逆に使命や目的を失った人は亡くなるのも早いように感じるという。だから、何をしたらいいかわからなくても焦ることなく、病気は人生の夏休みと考えて、これまでやれなかったことに時間を使ってみてはどうかと提案する。

 他にも、「病気になっても、病人ではない」「元気なときの自分が最高とは思わない」「八方塞がりでも、天は開いている」「死もまたありがたくいただく」など、患者を勇気づけてくれる80の言葉が詰まっている。(幻冬舎 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る