「使ってみたい武士の日本語」野火迅著

公開日:

 池波正太郎や藤沢周平らの時代小説をテキストに、侍言葉を解説した日本語面白本。

 例えば「お流れちょうだい」。この一言とともに相手の杯を借りて酒を飲むのは「相手の精神や肉体にまとわれる貴重な何かを授かろう」という一種の儀式だと解説する。杯に残ったしずくには、清めの働きがあるとも考えられていたようだ。その他、腰に帯びた太刀の鍔元を握ったまま親指で鍔を押して刃を緩め、いつでも抜ける構えをとる動作「鯉口を切る」、無念を示すための切腹「無念腹」、新婚夫婦の初夜や男女の初めての性交渉を表す「新枕(にいまくら)」など硬軟206語を網羅。言葉から武家文化に迫る歴史時代小説ファン必携の書。

(朝日新聞出版 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る