• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「蝮の孫」天野純希著

 永禄6(1563)年、名将とうたわれた父・義龍の跡を継ぎ、斎藤龍興が美濃の国主となって2年が経った。祖父の道三を討った父を許せない龍興は、国主の務めを果たさず、酒色にふける日々を送っていた。そんな中、尾張の信長が大軍を率いて美濃を落とすべく北上してきたが、国人の安藤守就の家臣・竹中半兵衛重治の策によって撃退に成功する。さらに重治は、守就を通じて尾張への侵攻を献策するが龍興に退けられ、守就は蟄居を命じられてしまう。翌年、龍興を愚将と見限った重治は、謀反を企て、龍興の居城・稲葉山城を奪う。揖斐城に逃れた龍興は、盗賊退治や堤の修復などに汗を流し、次第に家臣や民の信頼を得ていく。

 信長を追い詰めた龍興の生涯を描く歴史長編。(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る