「蝮の孫」天野純希著

公開日:  更新日:

 永禄6(1563)年、名将とうたわれた父・義龍の跡を継ぎ、斎藤龍興が美濃の国主となって2年が経った。祖父の道三を討った父を許せない龍興は、国主の務めを果たさず、酒色にふける日々を送っていた。そんな中、尾張の信長が大軍を率いて美濃を落とすべく北上してきたが、国人の安藤守就の家臣・竹中半兵衛重治の策によって撃退に成功する。さらに重治は、守就を通じて尾張への侵攻を献策するが龍興に退けられ、守就は蟄居を命じられてしまう。翌年、龍興を愚将と見限った重治は、謀反を企て、龍興の居城・稲葉山城を奪う。揖斐城に逃れた龍興は、盗賊退治や堤の修復などに汗を流し、次第に家臣や民の信頼を得ていく。

 信長を追い詰めた龍興の生涯を描く歴史長編。(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る