「走狗」伊東潤著

公開日:

 薩摩藩の士分の下の外城士の家に生まれた川路利良は、禁門の変で長州藩遊撃隊総督を討つという大手柄を立てた。褒美を辞退し、その代わりに江戸留学を願い出て、洋式兵学を学ぶ。利良は子どもの頃、御小姓組の西郷吉之助に助けられて以来、西郷を慕っていたが、ある日、その西郷から命令を受けて幕臣の勝麟太郎の元に向かった。勝は、朝廷を脅し京都の実権を握ろうとする幕府の動きを大久保に伝えよと命じる。利良はやがて明治政府の権力闘争に巻き込まれ、西郷を裏切って大久保につくのだが……。

 西郷と大久保の走狗として仕え、初代警視庁長官となって警察組織を創設した男の一代記。(中央公論新社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る