• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「素浪人半四郎百鬼夜行(拾遺)追憶の翰」芝村凉也著

 浅間山が大噴火を起こす前年、浪人の半四郎は聊異斎老人に誘われ、老人の連れ捨吉と3人で関八州を旅する。

 日本橋で3人が乗り込んだ押送船は下総国の寒川村に向かうが、聊異斎によると、ある人からの依頼で当地を訪ねることになったという。出迎えたのは隠居して睡翁と名乗る元網元だった。睡翁によると村近くの集落の漁師たちが船幽霊の被害に遭っているという。それも同じ浜の善次郎という網元の下で働く網子だけが被害にあっているそうだ。善次郎とその網子たちは、極め付きの鼻つまみ者だが、睡翁は放っておけないという。翌日、半四郎らは睡翁の手引きでその浜のもう一人の網元、天平を訪ね、子細を聞く。

 書き下ろし大河伝奇時代小説シリーズ完結編。(講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る