• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「銀行支店長、追う」江上剛著

 うなばら銀行T支店に客の芳江が預金を引き出しに来た。オレオレ詐欺を疑った行員の雪乃は、使い道を尋ねるが芳江は答えない。芳江は頭取の久木原の母親で、万が一のことがあってはならない。支店長の貞務の指示で芳江には模擬紙幣を渡し、雪乃は貞務の友人の元刑事・藤堂らと彼女を尾行する。同じころ、久木原は取引先の会社の会長から蒋介石が旧日本軍の将校に託したという秘密資金の話を持ちかけられる。

 一方、大手電機メーカーの専務・佐藤は会長から社長就任を打診される。しかし、同時に会社には巨額の簿外損失があることを打ち明けられる。藤堂がオレオレ詐欺の手先を捕まえるが、彼の仲間の尾行を続けた雪乃が戻ってこない。

 銀行を舞台にした痛快経済エンターテインメント。

(実業之日本社 694円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る