「銀行支店長、追う」江上剛著

公開日: 更新日:

 うなばら銀行T支店に客の芳江が預金を引き出しに来た。オレオレ詐欺を疑った行員の雪乃は、使い道を尋ねるが芳江は答えない。芳江は頭取の久木原の母親で、万が一のことがあってはならない。支店長の貞務の指示で芳江には模擬紙幣を渡し、雪乃は貞務の友人の元刑事・藤堂らと彼女を尾行する。同じころ、久木原は取引先の会社の会長から蒋介石が旧日本軍の将校に託したという秘密資金の話を持ちかけられる。

 一方、大手電機メーカーの専務・佐藤は会長から社長就任を打診される。しかし、同時に会社には巨額の簿外損失があることを打ち明けられる。藤堂がオレオレ詐欺の手先を捕まえるが、彼の仲間の尾行を続けた雪乃が戻ってこない。

 銀行を舞台にした痛快経済エンターテインメント。

(実業之日本社 694円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る