• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

誰かに話したくなる雑学本特集

「大人の博識雑学1000」雑学総研著

 数分でできるちょっとした面白い話、思わずへぇっと感心してしまう話、聞いた途端にびっくりしてのけぞってしまう話など、ちょっとしたときに軽く語れる話題を頭の引き出しに入れておくと、いざという時に役に立つ。そこで今回は、科学、大人ネタ、世界ランキング、芸能人、漢字ホラーなど、思わず誰かに話したくなる雑学本を5冊ご紹介!

 どんな人にでも対応可能な雑学王になりたいなら、必読なのがこの本。1000本ノックならぬ1000本の雑学ネタで、全方位バッチリ守備を固められる。

 たとえば、株価の動きに敏感な相手には、「サザエさんの視聴率が高いときには株価が下落し、逆に視聴率が低いときには株価が上昇する」という大和総研発表のネタをふってみてはどうだろう。選挙シーズンになったら「選挙スタッフのおやつ代は1日500円」という、小学生の遠足並みの公職選挙法のルールを披露しても面白い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る