誰かに話したくなる雑学本特集

公開日: 更新日:

「大人の博識雑学1000」雑学総研著

 数分でできるちょっとした面白い話、思わずへぇっと感心してしまう話、聞いた途端にびっくりしてのけぞってしまう話など、ちょっとしたときに軽く語れる話題を頭の引き出しに入れておくと、いざという時に役に立つ。そこで今回は、科学、大人ネタ、世界ランキング、芸能人、漢字ホラーなど、思わず誰かに話したくなる雑学本を5冊ご紹介!

 どんな人にでも対応可能な雑学王になりたいなら、必読なのがこの本。1000本ノックならぬ1000本の雑学ネタで、全方位バッチリ守備を固められる。

 たとえば、株価の動きに敏感な相手には、「サザエさんの視聴率が高いときには株価が下落し、逆に視聴率が低いときには株価が上昇する」という大和総研発表のネタをふってみてはどうだろう。選挙シーズンになったら「選挙スタッフのおやつ代は1日500円」という、小学生の遠足並みの公職選挙法のルールを披露しても面白い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る