「パレートの誤算」柚月裕子著

公開日:

 瀬戸内海に面した津川市の市役所臨時職員・聡美は、生活保護に関する業務を行う社会福祉課で働く。生活保護費の支払日、午後から受給者の住宅訪問に出かけたベテラン職員の山川が、時間になっても戻らない。翌日、アパート火災の現場から見つかった遺体が山川と判明する。職場に聞き込みに来た刑事によると、山川の死は焼死ではなく、殺人によるものだという。

 聡美は、山川が自宅に高価な時計のコレクションを持っていたと刑事から聞き、耳を疑う。山川は仕事に誠実に向き合う尊敬できる人柄だったからだ。山川が担当していた金田が火事の後、連絡がつかないと刑事に知らされた聡美は、胸騒ぎがする。金田は聡美の兄の友人だった。生活保護の現場をリアルに描く社会派ミステリー。

(祥伝社 730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る