• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「パレートの誤算」柚月裕子著

 瀬戸内海に面した津川市の市役所臨時職員・聡美は、生活保護に関する業務を行う社会福祉課で働く。生活保護費の支払日、午後から受給者の住宅訪問に出かけたベテラン職員の山川が、時間になっても戻らない。翌日、アパート火災の現場から見つかった遺体が山川と判明する。職場に聞き込みに来た刑事によると、山川の死は焼死ではなく、殺人によるものだという。

 聡美は、山川が自宅に高価な時計のコレクションを持っていたと刑事から聞き、耳を疑う。山川は仕事に誠実に向き合う尊敬できる人柄だったからだ。山川が担当していた金田が火事の後、連絡がつかないと刑事に知らされた聡美は、胸騒ぎがする。金田は聡美の兄の友人だった。生活保護の現場をリアルに描く社会派ミステリー。

(祥伝社 730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る